倹約生活

年収300~400万円代世帯が良質な節約生活を目指します。

18楽天ポイント攻略チャート

目次

 

今まで、楽天ポイントを攻略すると

非常にお得だと書いてきました
「具体的に色々調べるのは面倒。」

という方のために楽天で

お得にポイントを貯めるための

チャートを作ってみました。

 

このチャートどおり登録して、

1年間ポイントを貯めてみてください。

結構な金額のポイントが貯まって、

びっくりされる方もいらっしゃるかもしれません。

 

楽天ポイント攻略手順

楽天市場にアカウント(口座)を持っていますか?

楽天市場にアカウントを作る。

>>> アカウント開設

楽天カードを持っていますか?

楽天カードを持っていない

 ⇑ こちらをクリックして楽天カードを作りましょう!

 

楽天カードを作った後にやること

 楽天カードを作ってからも、やるべきことがけっこうありますので頑張ってください!これで38万円もらえるなら安いものです。

 

公共料金の楽天カード払い手続き

⇒まずは公共料金を

 全て楽天カードで引き落としましょう。

 

◆「楽天カード払いできる固定費一覧」を見ながら

 全ての固定費を楽天カード払にしましょう。

  

◆楽天カードのホームページでも一部の

 一部の公共料金の支払の登録ができます。

楽天カード公式ホームページ:公共料金支払い

 ※公共料金の全てがこのページで登録できるわけではありません。 

 

生活費を全て楽天カード払にする

楽天カード払いできる生活費一覧

を見ながら、全ての生活費を

楽天カード払いにしましょう。

 

楽天銀行と提携させる

楽天銀行に口座を作る。

楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貯まる

 

楽天証券と提携させる

楽天証券に口座を作る。

 

>>> 楽天証券

口座開設 楽天証券に口座を作り、

楽天銀行の口座とをつなぐ

「マネーブリッジ」という契約をすれば、

破格金利優遇が受けられます。

超低金利時代の現代、

大手銀行の普通預金金が、

0,02%程度のところ、

このマネーブリッジに申し込めば

5倍の0,10%の金利が得られます。

0,001% 100倍!⇒0,10% 

 

証券会社に口座を作ったからといって、

必ず取引しなければいけないわけではないので、

この優遇金利のためだけに

証券口座を作るというのは、

賢い方法だと言えます。

 

まとめ

◆登録する口座は4つです。

楽天市場にアカウント(=口座)を作る

楽天カードを作る

楽天銀行に口座を作る

→楽天証券口座を作る

 

◆口座を作ったのちにやること

 

*楽天カードの手続き

・公共料金の支払を全て楽天カード払にする

(楽天ポイント1%獲得で、

 実質公共料金が1%割引になります。)

楽天カード払いできる固定費一覧

 

*楽天銀行の手続き

・給与振り込み(年金受取り)口座を

 楽天銀行に指定します。

(この手続でコンビニでのATM使用料が、

 規定の回数無料になります。)

 

*楽天銀行での手続き

マネーブリッジ申し込みページから、

マネーブリッジに申し込んでください。

(普通預金の金利が通常の100倍になります。)

大手銀行の100倍の金利

 

 

楽天ポイント8倍01 楽天ポイント8倍02

 

■ご覧のとおり、

私は楽天市場で購入した金額より、

キャンペーン獲得した金額のほうが

はるかに多いです。

 

かじったりんご

 

■楽天カードを作ったら、

この記事の【まとめ】を見ながら

 各種手続きを進めてください。


 楽天銀行から、楽天カードの支払いを引き落とすと 毎月最大9ポイントが還元されます。 また、獲得したポイントを「楽天キャッシュ」に交換できる場合もあり、ほぼ換金できるに等しい状態になります。

 その他にも不用品をラクマ(旧:楽天オークション)で売る時などに、楽天銀行に口座開設しておくと非常に便利です。

 今なら5000円分のポイントがもらえるので とりあえずお作りになられてはいかがでしょう? (ちなみに、私が作った時のボーナスポイントは2000円でした・・・)    ↓     ↓     ↓

 

【関連記事】

楽天ポイント攻略

楽天ポイントで副収入

カード払いできる固定費一覧

カード払いできる生活費一覧

貯金ランキング

知らない間に楽天銀行から1800円もらっていました

大手銀行の100倍の金利で預けています

検索するだけで楽天ポイントが貯まる楽天ツールバー

PR:869