倹約生活

年収300~400万円代世帯が良質な節約生活を目指します。

29ダイソー(100円ショップ)板でスパイスラックをDIYしました

 引っ越しをしてから、キッチンの形が変わったために、調味料の置き場所をうまく作れないでいました。何をどこに置くのが一番動線が良いか考えすぎて、前に進めなくなっていたのです。

 francfranc(フランフラン)やKEYUCA(ケユカ)などの保存容器はデザインが美しいのですが、倹約中の我が家には不向き。何件かの100円ショップも探してみたのですが、気に入ったデザインのものを揃えていこうとすると、1500円くらいかかってしまいそうであきらめました。

 そして、とりあえずは棚は自分で作り、容器は市販のキムチの容器を洗ってとっておいたものを使うことにしました。

 

500円スパイスラック(調味料棚)の材料

f:id:setochiyostyle:20180912160113j:plain

ダイソーで販売している板を4枚と

 

f:id:setochiyostyle:20180912164712j:plain

12個入りの直方体を1袋買いました。木工用ボンドは、以前に買ったものが自宅にあるので、今回は買いませんでした。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160155j:plain

ちなみに、直方体はバラバラにすると、このような形をしています。

 

500円スパイスラックの作り方

f:id:setochiyostyle:20180912160221j:plain

まずはスパイス入れの高さに合わせて、しるしをつけます。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160228j:plain

そして、印を付けた場所に、ボンドで直方体を貼り付けます。さらに、それを2つ作ります。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160236j:plain

そして、直方体の側面にボンドを塗り、

f:id:setochiyostyle:20180912160244j:plain

別の棚板の片方の端にもボンドを塗ります。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160258j:plain

そして、ボンドを塗った面倒をくっつけます。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160307j:plain

遠目にみると、このような形にくっつけたことになります。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160316j:plain

反対側も同じようにくっつければ、とりあえずは立つようになります。そうなってくると作業は簡単。立方体の上側と棚板の両端にボンドをつけてくっつけるだけ。

 

f:id:setochiyostyle:20180912160325j:plain

最終的には、このような形に仕上がりました。

 

 

ん?なにか足りませんね…

 

 

 そう、上下の棚を作った時点で、「あれ?真ん中の棚はなくても使えそう…」と、真ん中の棚を省略してしまいました。さらに、白いペンキで色を塗ることも考えていたのですが、急にペンキ代が惜しくなって、色も塗っていません。

 

 今後、白く塗りたいものが貯まった時に、質の良いペンキを買って一気に塗ってしまいたいと考えています。

 

 すでに書いていますが、調味料を入れいている容器は市販のキムチを食べ終わった後の捨てる容器なので無料と計算しました。私は物がない時代に育った人間なので、キムチの容器のようなちゃんとした容器を捨てるに抵抗がある古いタイプの人間です。ですから、捨てるはずだった物を再利用できて、嬉しく思っています。

 容器に張ってある名前シールも床にワックスを塗る時に使ったマスキングテープの余った物を使っています。おしゃれさには欠けるかもしれませんが、こういった細かな倹約のおかげで、低所得でもマンションを買うことができましたし、今後、老後の貯蓄もしていきたいと考えています。

 

◆この棚の詳しい情報は下記の記事で御覧ください。

frugal.setochiyo.net