倹約生活

年収300~400万円代世帯が良質な節約生活を目指します。

31天井の電気ははずしていました

天井の照明ははずしています

■我が家の照明に対する考え方

全ての照明を外しているわけではありませんが、

特に天井に照明をつけておく必要がない

と、感じた場所の照明は はずしています。

 

必要なときに、必要なぶんだけ照らす。

これが、我が家の照明に対する考え方です。

よくよく考えてみれば、

各部屋に照明がつくようになったのは

世界の照明の歴史から言えばわりと最近。

 

それまで人間の照明の歴史は、

ろうそく・たいまつ

ランタン・行燈(あんどん)などで

明かりは持ち歩くものでした。

 

我が家では少し昔の生活に戻って

足元を照らす程度なら

ソーラーライトを持ち歩いています。

 

そして、本を読んだり

書き物をしたりで

きちんとした明かりが必要なときは

消費電力の少ない

LEDのデスクライトをつけています。

ですから、部屋全体を照らすということは

あまりありません。

 

照明1照明2照明3

 

 

■消し忘れがなくなる

まだやることがあるから

寝るつもりはないけど

ちょっと休憩しようと

寝っころがってテレビを見ていたら

いつの間にか寝てしまい、

気がついたら朝だった、

なんてことはありませんか? 

 

■ソーラーライトは充電がなくなると切れる

天井の電気ははずして、

ソーラー照明を駆使していると

そういういったことがなくなります。

 

テレビは念のためオフタイマーにしておき

照明はソーラーライトを何台か設置しているので

充電した電池が切れれば勝手に消えますので

照明の消し忘れで無駄な電力を使う

ということは、めっきりなくなりました。

 

照明4照明5照明6

 

良質な布団

遮熱カーテン

ソーラー照明

 

などの工夫で、

我が家では春・秋の電気代は3000円代、

夏・冬でも8000円代を超えることはありません。

(夏は愛犬が熱中症にならないように

一部屋だけ24時間クーラーをつけていますが、

それでも7000円代です。